業界正常化の軌跡
ホーム > 業界正常化の軌跡

業界正常化の軌跡

協同組合日本接骨師会のこれまでの取り組みをまとめました。

第三者等の行為による傷病届

2016年03月10日(木)6:12 PM協同組合日本接骨師会
   今回の事案は、喧嘩で負傷し、病院では健康保険の使用を拒否され、全額自費負担と言われ困惑して、当会福島県会員の施術所を訪れて、柔道整復師より「保険者に第三者行為による傷病届をすれば健康保険での治療 […]

続きを読む▶

施設入所児童への整復師医療受診妨害

2016年03月05日(土)12:00 PM受診妨害
 事件の概要福岡県で児童入所施設の児童が整復師を受診したところ、福岡県当局から医師ではないから「受領委任払い」の取扱いは不可とされ、「償還払い」の取扱いとなり、施設関係者はその手続きの煩わしさから、整復師受診を […]

続きを読む▶

日本柔道整復・接骨医学会による「認定柔道整復師」について

2016年02月04日(木)3:19 PM協同組合日本接骨師会
今回は、以前にご紹介いたしました厚生大臣指定講習会と同様の、日本柔道整復・接骨医学会による「認定柔道整復師」についてご紹介します。 こちらも当時、当会(協)日本接骨師会会員から問い合わせがあったものに対し厚生省 […]

続きを読む▶

「応急手当一回(限定)」の誤解

2016年02月02日(火)4:40 PM受診妨害
今回の事案は、「応急手当ては一回のみ」それ以外は「医師の同意を得るまでは認めず保険対象外、いわゆる自費扱い」とするということです。勿論、患者はケガの治療を第一に考え、速やかに医師にかかり同意を得るべきですが、患者にもそれ […]

続きを読む▶

「厚生大臣指定講習会」と「大臣免許切り替え」の注意

2016年01月08日(金)12:44 PM協同組合日本接骨師会
最近、ダイレクトメールやインターネットなどでセミナーや講習会の案内を多く見かけるようになりました。以前、整復師制度が高卒2年制から高卒3年制となり、免許が知事免許から厚生大臣免許になる際に、このことに関して、当時、全国的 […]

続きを読む▶

任意中止後、一か月以内の別途新規傷病の初検料問題

2016年01月07日(木)7:18 PMブログ
任意中止後、一か月以内の別途新規傷病の初検料問題 今回紹介する事件は「初検料算定」の取り扱いについて保険者が、その理解ができず、自己の誤解を、権限をもって正当化し、さらにこの誤りを正すべき新潟県福祉保健部保険課 […]

続きを読む▶

労災保険 包帯交換料不支給査定問題の参考

2015年12月10日(木)7:24 PM整復師診断権
この事案は、骨折の医師受診、外科手術後に、柔道整復師の拘縮後療時に包帯を使用したときに不支給とされましたが、日本接骨師会の考え方に理解を頂き、入金、解決となったものです。     概要 左前腕骨開放骨 […]

続きを読む▶

保医発0312第1号に対しての照会

2015年12月09日(水)5:14 PM受診妨害
  今回は、非常に多くなった返戻の基になっている「保医発0312第1号」についてです。   今まで、返戻の多くはケアレスミス(不注意にうっかりミス、誤字や、計算間違い等)でしたが、最近は、患者調査と一 […]

続きを読む▶

申請書の「行方不明」をなくす

2015年11月06日(金)12:41 PM協同組合日本接骨師会
 以前、団体選択のページにて紹介しましたが、団体や会の主な仕事に療養費の請求業務があります。最近はこの請求業務の事務的作業だけしか行わない団体が増えてきました。こうした団体は、理不尽な返戻でも、保険者や行政に対し注意や是 […]

続きを読む▶

大分市国保の広報誌による受診妨害の改善

2015年10月09日(金)1:15 PM受診妨害
大分市国保の広報誌(パンフレット)問題   この問題は大分市の会員が大分市国保の広報誌に疑問を抱き、それを解決するまでのいきさつです。医療費の適正化と称して整骨・接骨院での治療の受け方にていて注意する内容ですが […]

続きを読む▶