業界正常化の軌跡
ホーム > 業界正常化の軌跡

業界正常化の軌跡

協同組合日本接骨師会のこれまでの取り組みをまとめました。

保険者による初診料の減額査定問題

2017年04月17日(月)3:57 PM協同組合日本接骨師会
 今回の事案は、保険者による異様な減額査定についてです。その内容とは、二部位での請求に対し、二部位目を「急性かつ外傷のケガ」とは認められないとして一部位での請求に減額されましたが、今回は、この二部位目を減額査定とした問題 […]

続きを読む▶

日本接骨師会の自賠責保険の請求について

2017年03月20日(月)11:31 AM協同組合日本接骨師会, 自賠責保険
日本接骨師会の自賠責保険請求方法  今回は、以前にこの正常化の軌跡「損保会社の当社基準強要の事案」でも紹介しました、当会の自賠責保険請求についてです。自賠責保険については損保会社のから提示される労災基準の約2倍 […]

続きを読む▶

白紙委任問題

2017年02月15日(水)11:49 AM協同組合日本接骨師会, 受診妨害
  今回の白紙委任(または白紙署名)とは、整復師に掛かった患者さんに対し、初診時や月初めなどの転帰まえに、まだ金額等の記載のない療養費の請求書に委任の署名を頂くことを指します。以前より多くの整復師がこ […]

続きを読む▶

米沢市「鍼灸マッサージ助成券」改正へ

2017年01月17日(火)11:40 AM協同組合日本接骨師会
当会は言うまでもなく柔道整復師の組合ですが、整復師の中には鍼灸師の資格を持ち、その特性を活かして治療を行っている先生も多くいます。今回の事案はそうした先生から持ち上がった問題です。この問題もこのホームページで繰り返し発信 […]

続きを読む▶

有馬警察署による整復師診断書の不受理問題

2016年12月13日(火)3:20 PM協同組合日本接骨師会, 整復師診断権
 今回の事案は、未だに繰り返される、警察による交通事故の整復師診断書の不受理問題です。当会では、最高検察庁、最高裁判所、警察庁そして47都道府県すべての県警本部に会長自ら訪問、懇談をして整復師の診断書について理解して頂い […]

続きを読む▶

医師の同意以前の骨折後療

2016年11月12日(土)11:31 AM整復師診断権
医師同意以前の骨折後療  以前、骨折の応急手当ての件で、医師の同意を受ける迄は整復師受診は応急手当ての一回のみで、それ以外は認めないとした患者の都合を全く無視した保険の取扱いについて、当会より注意をした事案を掲 […]

続きを読む▶

患者の自己決定権と「医師の同意」

2016年10月12日(水)5:40 PM協同組合日本接骨師会
患者の自己決定権と「医師の同意」   現在、成熟していく社会の中で、国民の最も重要な権利に幸福追求権(憲法第13条)があります。その考え方の中に、他人に強制せれることなく自分の考えで判断し選択できる権 […]

続きを読む▶

変形性膝関節症でも捻挫する

2016年09月09日(金)4:20 PM受診妨害
「変形性膝関節症でも捻挫する」 この題名だと、「変形性膝関節症」を「捻挫」へ付け替える問題と思われるかもしれませんが、そうではありません。本件は整形外科を受診し「変形性膝関節症」と診断され慢性疼痛疾患だから、そ […]

続きを読む▶

医療用語問題「診」の掲載について

2016年08月12日(金)4:25 PM協同組合日本接骨師会
当会では医療用語問題にも取り組んできました。今回はその医療用語問題について簡単に紹介します。 医療用語問題とは大雑把ですが簡単にいうと、役所や損保会社が「整復師は『診』という用語を使用してはいけない。」として「 […]

続きを読む▶

中国残留邦人患者の受診妨害事件

2016年07月09日(土)1:38 PM受診妨害, 生活保護
今回の事案は、平成28年2月、東京都江戸川区福祉事務所のケースワーカによる中国残留邦人患者への整復師医療に対する受診妨害事件です。本問は、中国残留邦人も生活保護制度とほぼ同様に医療や施術を受けられることはもちろん、医療選 […]

続きを読む▶